第2部 腸内細菌叢改善の特徴

乳酸菌酵母菌醗酵エキスの開発経緯

学界の常識になっていることなのですが、乳酸菌の分泌物は酵母菌の繁殖を促進し、また酵母菌の分泌物は乳酸菌の繁殖を促進します。

では、その乳酸菌酵母菌をどんどん食べればよいと思われるかもしれませんが、人間の胃酸はPH2という強酸性になっていて、せっかくの生きたままの乳酸菌酵母菌も腸内には少ししかとどきません。

しかし、例外として有胞子乳酸菌腸内で環境が整うと繁殖しますが、永続性はなく、次々と新しい有胞子を投入しなければ、継続性が保てないのです。

乳酸菌酵母菌のそれぞれの分泌物は物質でありますので、胃袋はきちんと通過し腸内に届きます。
そこでどの乳酸菌酵母菌が増殖してくれればいいかを選び出し、共存共栄培養をされたのです。
この共存共栄培養は乳酸菌酵母菌を競争させるといってもよいでしょう。
乳酸菌酵母菌が共に繁殖する特殊な培養液を使うと、両方が必死になって繁殖します。
その競争の結果、いい物質が単独で繁殖している場合よりも質的にも量的にもはるかに優れたものができるのです。

理想的な腸内細菌叢を形成するにふさわしい乳酸菌酵母菌を選んだ訳ですが、問題は遅効性であるということです。
腸内細菌叢を改善するにはある程度の日時を要します。
そこで考えられたのは、遅効性と即効性の組み合わせです。
それが有胞子乳酸菌の活用ということです。

また、近年加工技術が進歩して生きた乳酸菌を小さなカプセルに閉じこめて、腸内に送り込む方法も開発されていますが、これも1つの活用の仕方だと思います。

第2部 腸内細菌叢改善の特徴

乳酸菌酵母菌醗酵エキスの特長

この乳酸菌酵母菌醗酵エキスは市販されていますが、その主成分はPS複合体のことです。

このPS複合体というのは学術名プシュケー(Psyche)と呼ばれ、十六種類の乳酸菌二十四種類の酵母菌の共存共栄培養による分泌エキスであると学問的には定義できます。
そしてこれらは人間の腸内細菌叢を改善する力を持っているのです。

善玉菌である十六種の乳酸菌二十四種の酵母菌を繁殖促進させ、さらにこの二十四種の酵母菌の分泌物が十六種の乳酸菌を繁殖促進させますが、PS複合体はその培養によって生産された分泌物の濃縮したものであり、このPS複合体により腸内細菌叢が改善されるのです。

この乳酸菌酵母菌の関係の研究はさまざまな研究機関で行われていますが、大抵二〜十二種類の乳酸菌と四〜十二種類の酵母菌であり、小牧農学博士が選びだした乳酸菌酵母菌とはかなり質的な違いがあります。

小牧博士は人間の腸内に良い乳酸菌は何と何か、酵母菌は何と何が必要なのかを徹底的に研究され、選び抜かれたのが、これら十六種類の乳酸菌二十四種類の酵母菌なのでした。

この菌株数で他と差別化を図っているのです。

第2部 腸内細菌叢改善の特徴

腸内細菌のバランスを保つ乳酸菌・酵母菌発酵エキス

健康な人の腸内細菌の種類は、善玉菌40種類、悪玉菌30種類、日和見菌30種類といわれています。
このバランスが保たれていれば、善玉菌悪玉菌を監視し、有害物質は乳酸や酢酸によって駆逐されるか、肝臓で解毒されます。
逆に善玉菌が減ったり、肝臓が弱ると、悪玉菌が急増し有害物質を撒き散らすようになります。

しかし、腸内細菌叢のバランスは常に一定に保たれてはいません。
善玉菌悪玉菌の勢力争いが絶えないのです。
特に中高年以降となると体の老化が善玉菌を減らし、悪玉菌を優位にします。
中高年者で、便秘下痢を起こしがち、食あたりになった、風を引きやすくなったなどの変調がある場合は、善玉菌の勢力が後退していることを示します。

この乱れを正すには、なによりも善玉菌を増やす必要がありますが、老化が加速する中高年以降では、通常の食品だけでバランスを回復するのは困難です。
そこで、前章で触れた農学博士の小牧久時さんが、より積極的に腸内善玉菌に働きかけるものとして、乳酸菌・酵母菌エキス腸内細菌叢改善食品(以下は乳酸菌エキス)を長年の基礎研究の結果、開発に成功したのでした。

腸内細菌叢改善食品の原料は、十六種類の善玉菌乳酸菌)と二十四種類の酵母菌がつくりだした分泌液を抽出した物です。
この分泌物は、品質を安定させるため粉末状に加工しており、腸内に入ると善玉菌が繁殖しやすい環境をつくりだし、腸内細菌叢のバランスは一気に善玉菌優勢に調整されるのです。

また、40種ものを用いたのも理由があります。
一口に善玉菌といってもの種類によって分泌物の性質は異なり、腸内での役割も微妙に違います。多種のを用いることで乳酸菌エキス腸内全ての善玉菌に働きかけられる多様な役割を発揮することができるのです。

第1部 腸と腸内細菌

間違いだらけの乳酸菌神話

腸内乳酸菌を増やそうと、ヨーグルトをたくさん食べる人がいます。
このヨーグルトをたくさん食べると良いという考えを提唱したのはロシアのノーベル賞学者・メチニコフ(1908年受賞)でしたが、生きた乳酸菌をいくら摂取しても大きな効果は期待できないのです。

なぜなら、生きた乳酸菌は、胃酸や十二指腸の胆汁の攻撃を受けて、大半が腸まではたどりつけません。
また乳酸菌は体内の温度にも弱いのです。
仮にたどりついたとしても、体は対外から入ってくる生物に対しては厳しく抵抗するため、生きた乳酸菌は死滅してしまいます。

そこで、人工培養で強化されたを腸に送り込む方法も考えられましたが、それでもに届く量はわずか10万分の1でで、それもほとんど30分以内に死滅してしまいます。
多くの学者達が、この難問に挑戦し続けて来ました。

その状況の中、農学博士の小牧久時さん乳酸菌酵母菌は互いにその分泌物をエサとして繁殖している事実に注目して、その分泌物を腸内に送り込むことによって、元々腸内に棲息している十六種類の乳酸菌二十四種類の酵母菌を相互作用によって、飛躍的に活性化させ、腸内細菌叢善玉菌優勢に改善する方法を開発したのでした。

この技術は、1989年ニューヨークで行われた世界発明EXPOの食品部門(生物化学分子生物学)で最高賞を受賞しました。
さらに腸内細菌叢改善食品として製法特許(第一四三九九三五号)も取得したのです。


ニオイを気にすることなく、生活してみませんか?




┗★ ニオイを気にすることなく生活してみませんか?
┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓
┃妻┃┃か┃┃ら┃┃臭┃┃い┃┃と┃┃言┃┃わ┃┃れ┃┃た┃┃!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛
そんなあなたは加齢臭がしているのかも、知れません。

加齢臭はもともと体臭が無かった人にも発生するみたいなので、
「まさか自分が!」とショックが大きいようです。

でも大丈夫です。

実は加齢臭を撃退できるサプリメントがあるのです。


テレビや雑誌で話題を集めているみたいですよ・・・
効果がある人には、劇的な変化が実感できるみたいですね。

第1部 腸と腸内細菌

オナラは健康のバロメーター

思わず顔をしかめてしまうオナラの悪臭は、の中の悪玉菌が繁殖して、腐敗した毒素を発生するためにおこります。
現代人は色々な添加物が入った加工食品に頼った食生活を行っており、このような食生活を送っている人のほとんどのオナラや便は悪臭が強く、毎日の排出量の約三分の一が、腸内細菌だと言われています。

本来、オナラに含まれている酵素と窒素の大部分は、口から吸い込まれたものですが、これは臭いません。

そしてオナラには炭酸ガスがまじっていますが、この供給源は腸内細菌大腸自身で、これも臭いません。

臭いの元になっているのは、インドールスカトールアンモニア揮発性アミン揮発性脂肪酸です。

これらが悪玉菌が発生することで生み出されるのです。

の中がきれいになると、不思議とオナラがよく出ますが、それも二週間ほどたつと排便がスムーズになり、悪臭も消えます。
そして生まれたばかりの赤ん坊のオナラや排便のように自然とクサイ臭いはなくなります。

オナラや排便の様子は、の中の細菌の状態をあらわす「健康のバロメーター」とも言えるでしょう。


ニオイを気にすることなく、生活してみませんか?




┗★ ニオイを気にすることなく生活してみませんか?
┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓
┃妻┃┃か┃┃ら┃┃臭┃┃い┃┃と┃┃言┃┃わ┃┃れ┃┃た┃┃!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛
そんなあなたは加齢臭がしているのかも、知れません。

加齢臭はもともと体臭が無かった人にも発生するみたいなので、
「まさか自分が!」とショックが大きいようです。

でも大丈夫です。

実は加齢臭を撃退できるサプリメントがあるのです。


テレビや雑誌で話題を集めているみたいですよ・・・
効果がある人には、劇的な変化が実感できるみたいですね。

第1部 腸と腸内細菌

善玉菌と悪玉菌とは

腸内細菌について私たちは善玉菌悪玉菌に区別しています。
善玉菌として有名なのは乳酸菌
乳酸菌は炭水化物などの糖類を分解し、乳酸や酢酸を作る細菌の総称で、各種ビフィズス菌アシドフィルス菌など数十種にのぼります。

乳酸菌でよく知られているのが整腸作用
の活動を高めて食物の消化吸収を助け、便を肛門に向かって送り出す運動を促し便秘下痢を防ぎます。
その他にも腸内を酸性に保って有毒物質を作り出す腐敗菌病原菌の働きを抑える抗菌作用、発ガン物質の腸内での合成を妨げる抗ガン作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用−−−−などがあります。

一方、大腸菌ウェルシュ菌ブドウ球菌などの腐敗菌悪玉菌と呼びます。
腐敗菌はたんぱく質を分解し、さまざまな有毒物質を作り出し、悪臭を放つ便の臭いの元になるだけでなく、数々の病気を生み出す元凶になります。

しかし、このように善玉菌悪玉菌と区別していますが、本当のところは腸内細菌は善悪で単純に区別できない性質を持っています。
一例をあげると大腸菌もこれが生まれたばかりの体内に入ることで、身体の細胞が、侵入者を見分ける機能をもつことになり、いわば人の免疫能力の基礎をつくることにもなります。

また人間に有用なビタミンを作るといわれるバクテロイデス菌は一見善玉菌のように思われますが、他方では発ガン物質を作っているのです。

便宜上、体によい物質を出すものを善玉菌、体に悪い物質を出すものを悪玉菌と言って区別しているのですが、大腸菌腸内の栄養分を食べ始めると、乳酸菌も負けじと栄養分を食べるという具合に、悪があってはじめて善も成り立つという面もあるのです。

つまり、善玉菌が優勢でありつつ、悪玉菌と呼ばれているものもポツリポツリと腸内にあり、そのバランスがとれているのが健康な腸の状態ということができるでしょう。
ただし、大腸ガンの増加が報告されるように、現代人の腸の健康はけっして満足できるものではなく、日頃から善玉菌を助ける必要があります。





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・…★
┗★ ニオイを気にすることなく生活してみませんか?
┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓
┃妻┃┃か┃┃ら┃┃臭┃┃い┃┃と┃┃言┃┃わ┃┃れ┃┃た┃┃!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛
そんなあなたは加齢臭がしているのかも、知れません。

加齢臭はもともと体臭が無かった人にも発生するみたいなので、
「まさか自分が!」とショックが大きいようです。

でも大丈夫です。

実は加齢臭を撃退できるサプリメントがあるのです。


テレビや雑誌で話題を集めているみたいですよ・・・
効果がある人には、劇的な変化が実感できるみたいですね。

第1部 腸と腸内細菌

腸のしくみ

口から入った食べ物は、胃や小腸で消化、吸収され、そのカスは、大腸で便になります。
」といえば一般的には小腸を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、小腸大腸をあわせたものが「」ということになります。
そして一口に大腸といっても盲腸虫垂上行結腸横行結腸下行結腸S字状結腸直腸肛門と各部位にそれぞれ名前があります。

大腸では、水分の吸収と胃や腸で消化されなかった食べ物の分解が行われます。
この大腸には先にも述べました100兆個を超える細菌が住んでいて、大腸と共生しているのです。

大腸腸内細菌によって助けれられている働きの一つは、小腸から送られてきた弱アルカリ性の便を有機酸で中和して弱酸性に変えることです。
この働きにより便を排泄した時に、肛門周辺の皮膚をただれないようにしているのです。
また、腸内細菌から出される有機酸は大腸のエネルギーにもなります。
さらにある種のはビタミン、酵素など数々の有用物質を分泌し、小腸で分解できなかった繊維などもが分解し、大腸の吸収を助けます。

一方では腸内細菌大腸によって助けられています。
大腸が住むのに余分な水分を吸い取り、便を滑りやすくするために出す粘液はにとって栄養分になります。
そして大腸にとっても不必要となった便やガス、の死体を排泄するのです。



第1部 腸と腸内細菌

腸の健康と腸内細菌

人の体は、口から食べたものを、胃で分解消化し、その栄養分を腸が吸収し、血液を通じて全身に運んでいきます。
まさには人間の血となり肉となるもとを生み出す重要な器官(植物例えれば「根」に当たる)なのです。

このは非常にデリケートな側面を持っています。
気分が良い時はは美しいピンク色ですが、怒っているときはドス黒い色になります。
このようには「第二の顔」といわれるほど精神状態に大きく左右されます。
ストレスを与えられると、胃は激しい動きをして、その状態が長く続くと、ついには出血さえ起こすのです。

に異常が生じて、その毒素が血液に送り込まれて、全身に流れてしまうと、体のあちこちに不都合な故障が起こってきます。
の機能が正常に働くということが、健康の出発点だと言えるでしょう。
しかし、今日では食生活が多様化し、生活環境も複雑化しているためがそれに充分に対応できなくなるケースも増えています。
そのためにも腸を保護することに目を向けなくてはならないのです。

人のには約100種類、100兆個もの細菌が住んでおり、この最近群は繁栄した叢(くさむら)に似ていることから「腸内細菌叢」とか「腸内フローラ」と呼ばれています。
腸内細菌叢は、私たちの健康を維持する上で欠くことのできない存在です。
腸内細菌が定住するのは誕生以後ですが、生後1日ほどたつと、赤ちゃんの体には色々な細菌が住み始め、便の中には大腸菌が現れます。
そして離乳期以降、赤ちゃんの腸内細菌叢の構成は大人とほぼ同じになります。

健康な大人の場合、腸内細菌が便の固形成分に占める割合は約半分。
便1グラム当たりの細菌数は3,000〜5,000億個にも達します。
私たちは、腸内細菌と共に毎日を送っているといってよいでしょう。
そして人の健康を大きく左右するのは、腸内細菌の良し悪しが決め手になるのです。




<<前の10件  1 2  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。