第5部 乳酸菌酵母菌醗酵エキスの効用

便秘をなくし、美肌を

便はいや腸で吸収されなかった食べ物の残りカスです。
さらには、体内ではがれおちた細胞の死骸や老廃物、腸の3分の1を占めるという腸内細菌の死骸、悪玉菌の作った腸内毒素、などでできています。

排便の大きな仕事は、体内で出来た老廃物や毒素を体外に出すことです。
便秘をすると肌が汚くなるのは、これら老廃物や毒素が体外に排泄できず、再度体内に吸収されて、体内を巡ってしまうからです。

つまり、美肌をつくるためには、肌の表面のケアよりも腸内環境を心配したほうが正解なのですね。
腸内に悪玉菌をたくさん持っている人は、肌も老化しやすく、顔色もどす黒くなってしまいます。
それは、腸内の悪玉菌がタンパク質を腐敗させて、毒素を作り出してしまうからなのです。

悪玉菌が優勢な便は、かなりの臭いがあり黒くてウサギのフンのような便が出ます。
一方、善玉菌が優勢な便は、臭いがなく黄金色でバナナ状の便が出ます。
きれいな肌をつくるには悪玉菌より善玉菌を増やし、体内の老廃物を早く排出してしまうことです。
肌の表面のケアより、腸内環境をクリーンにすることが大切なのですね。

乳酸菌酵母菌発酵エキスは、この善玉菌を増やし、活動を活発にします。
そして、便秘対策としては、バナナと一緒に食べると一層効果を発揮します。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。