便秘もスッキリ! 腸内環境改善プロジェクト > 第1部 腸と腸内細菌 > 善玉菌と悪玉菌とは

第1部 腸と腸内細菌

善玉菌と悪玉菌とは

腸内細菌について私たちは善玉菌悪玉菌に区別しています。
善玉菌として有名なのは乳酸菌
乳酸菌は炭水化物などの糖類を分解し、乳酸や酢酸を作る細菌の総称で、各種ビフィズス菌アシドフィルス菌など数十種にのぼります。

乳酸菌でよく知られているのが整腸作用
の活動を高めて食物の消化吸収を助け、便を肛門に向かって送り出す運動を促し便秘下痢を防ぎます。
その他にも腸内を酸性に保って有毒物質を作り出す腐敗菌病原菌の働きを抑える抗菌作用、発ガン物質の腸内での合成を妨げる抗ガン作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用−−−−などがあります。

一方、大腸菌ウェルシュ菌ブドウ球菌などの腐敗菌悪玉菌と呼びます。
腐敗菌はたんぱく質を分解し、さまざまな有毒物質を作り出し、悪臭を放つ便の臭いの元になるだけでなく、数々の病気を生み出す元凶になります。

しかし、このように善玉菌悪玉菌と区別していますが、本当のところは腸内細菌は善悪で単純に区別できない性質を持っています。
一例をあげると大腸菌もこれが生まれたばかりの体内に入ることで、身体の細胞が、侵入者を見分ける機能をもつことになり、いわば人の免疫能力の基礎をつくることにもなります。

また人間に有用なビタミンを作るといわれるバクテロイデス菌は一見善玉菌のように思われますが、他方では発ガン物質を作っているのです。

便宜上、体によい物質を出すものを善玉菌、体に悪い物質を出すものを悪玉菌と言って区別しているのですが、大腸菌腸内の栄養分を食べ始めると、乳酸菌も負けじと栄養分を食べるという具合に、悪があってはじめて善も成り立つという面もあるのです。

つまり、善玉菌が優勢でありつつ、悪玉菌と呼ばれているものもポツリポツリと腸内にあり、そのバランスがとれているのが健康な腸の状態ということができるでしょう。
ただし、大腸ガンの増加が報告されるように、現代人の腸の健康はけっして満足できるものではなく、日頃から善玉菌を助ける必要があります。





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・…★
┗★ ニオイを気にすることなく生活してみませんか?
┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓┏━┓┏━┓┏━┓☆━┓
┃妻┃┃か┃┃ら┃┃臭┃┃い┃┃と┃┃言┃┃わ┃┃れ┃┃た┃┃!┃
☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛┗━┛☆━┛┗━┛┗━┛
そんなあなたは加齢臭がしているのかも、知れません。

加齢臭はもともと体臭が無かった人にも発生するみたいなので、
「まさか自分が!」とショックが大きいようです。

でも大丈夫です。

実は加齢臭を撃退できるサプリメントがあるのです。


テレビや雑誌で話題を集めているみたいですよ・・・
効果がある人には、劇的な変化が実感できるみたいですね。

<<腸のしくみ | 便秘もスッキリ! 腸内環境改善プロジェクトトップへ | オナラは健康のバロメーター>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。