便秘もスッキリ! 腸内環境改善プロジェクト > 第1部 腸と腸内細菌 > 腸内環境、悪玉菌と善玉菌

第1部 腸と腸内細菌

腸内環境、悪玉菌と善玉菌

すこし、腸内環境の話をしましょう。

人間が毎日排泄しているウンコの約半分は、生きた細菌が生息しています。
ウンコ1グラムあたり、約1兆個の細菌がいると言われています。
その細菌の種類も様々で、人間の大腸には500種類以上、数にして100兆個棲息しているらしいです。
その全重量、なんと1.5kgくらいいるそうです。
・・・ダイエットできないもんかねぇと思ってしまいますが、細菌のおかげでいろんなシステムが回っていますから、文句はいえないですね。


これらの細菌が、腸内フローラという菌の集まりを作っています。
大きく分けて、ビフィズス菌など善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌など悪玉菌が共存しているわけですね。

ただし、悪玉菌といわれている細菌も、全てが悪い菌というわけではありません。
大腸菌などはビタミンを合成したり、他の有害な細菌が大腸に定着するのを防いだりして、病気にならないようにしてくれています。
悪玉菌も決していらないものではなく、悪玉菌と善玉菌のバランスが大事であり、そのバランスが善玉菌が多い方が望ましいというだけなのです。


明治乳業 おなか活力タブレット 箱入48袋

明治乳業の独自の素材“プロピオン酸菌による乳清発酵物”の働きにより、あなたのおなかの中の善玉菌であるビフィズス菌を増やします。あなた自身のビフィズス菌を増やすので、おなかが張ることもありません。

プロピオン酸菌による乳清発酵物とは
牛乳に含まれる乳清をスイスの伝統的なエメンタールチーズを作る時に利用するプロピオン酸で発酵させたものです。自分のおなかの中の善玉菌であるビフィズス菌が増える、明治乳業が開発した素材です(製法特許取得)。

<<相互リンク | 便秘もスッキリ! 腸内環境改善プロジェクトトップへ | 乳酸菌・酵母菌発酵エキスのできるまで 第一段階から第三段階まで>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。